人気ブログランキング | 話題のタグを見る

指導者養成研修情報 2022/09/21更新

■第11回「エコサーバー・シニアリーダー養成講座」


*主 催:認定NPO法人 JUON(樹恩) NETWORK

*日 時: 2022年10月8日(日)(6時間)

*場 所:大学生協杉並会館(東京都杉並区和田3-30-22 大学生協杉並会館内)

*講 師:佐藤敬一(東京農工大学)

*対 象:市民・学生他(JUON NETWROKエコサーバー・リーダー養成講座参加者など広く募集)

*定 員:10名(予定)

*参加費:1000円  ※学生・JUON会員500円 (テキスト代・認定書代別途5000円)

*申込み締め切り:9月30日(予定)

*問い合わせ先:認定NPO法人JUON NETWORK(樹恩ネットワーク)

    TEL:03-5307-1102

    E-mail: juon-office★univcoop.or.jp

     (★を@に置き換えてください)

*その他:

10月8日にPLT、9日にProject WILD本編・水辺編、10日にProject WET、8〜10日の3日間で自然体験活動指導者NEALインストラクターのカリキュラムになります。

申込と詳細はJUON NETWORKのホームページ

https://blog.canpan.info/juon/archive/683



# by pltjapan | 2022-09-21 21:51 | 講習会情報

2022年度主催研修

2022年度の主催研修の日程は以下です。

PLTは7月30‐31日の「環境」です。

申込は以下でお願いします。

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfCwrZxu0NEhmJINrbtxX7knhM_eqIX3Qahd--mdkvgyowGlw/viewform


*前期 【テーマ: ESDイシューズについて学ぼう!

3つのテーマから課題に気づき、問題解決に取り組む

国際理解   2022625-26

環境 2022730-31

人権 2022924-25

*後期 【スキル: ESDコンピテンシーを育てる!

3つのキー・コンピテンシーで問題解決の力を高める

わたし 20221029-30

あなた 20221126-27

みんな 2023 128-29

TEST教育力向上講座は20233月末開催予定です。

【教育力向上講座=一年のふりかえりと次年度に向けた心がけ=

20233月 TEST Teachers and Trainers Effective SkillsTraining

対面式、オンライン、その混合、いずれの方法でも、オンデマンドで少人数でも開催致しますので、以上の日程にかかわらず、ご相談ください。

割引制度、ご活用ください。

 2021年度も引き続き、ERIC Next、新事務所での開催については「リピーター割引」「学びの共同体割引」を設けます。これまでERICの主催研修を受講したことのある方は参加費を半額の1万円。リピーターの方を含む複数人の方3人まで、3万円。宿泊も三人の方まで対応可能です! ご相談ください。

オンライン参加の場合は、参加費は一日5000円です。

一泊二日の12時間研修、その他6時間研修などをグループのために行うことも可能です。ご検討ください。


# by pltjapan | 2022-04-23 11:01 | 主催研修

PLT2021ガイド定期学習会について

PLT2021定期学習会について
(「ERIC News 766号 2021年9月19日 ともによりよい質の教育を目指して!」より転載)

48日に、PLT木と学ぼうの新しいガイドがリリースされました!

https://ericweblog.exblog.jp/240919124/

PLT2021を読み込む10回の連続学習会を開催しました。ご協力いただいた皆様に感謝です。

・目次、前書き、付録の翻訳、表紙をつけて20ページ。

・アクティビティの翻訳、レイアウト版五本。それぞれ8ページ程度。

   ・「一本の木」 かくた

   ・「そとへ出よう」 加藤

   ・「すべての人に環境正義を」  福田

   ・予定として「Water Wonder(梅村)、「What’s in aLabel?(かくた)

前書きから付録までは、「ガイドブックforPLT2021ガイド」として、オープンソースにしています。

ガイド for PLT2021ガイド「exploring your Environment

https://drive.google.com/file/d/1ouinsOo6uEAdft1ge2m_m_uvb2QVhuyH/view?usp=sharing

しばらくの間は、これらの対応を含め、PLT2021ガイドの活用推進のために、月例会として継続いたします。以下のURLから、どなたでもご参加いただけます。PLT事務局および勉強会を主催しているかくたと直接面識のない方は、事前にメールでご連絡いただけると入室許可がスムーズになるかと思います。お問い合わせ、ご連絡は以下のメールアドレスまで、お願い致します。

eric(a)eric-next.org

トピック: PLT定例会

時間: こちらは定期的ミーティングです。毎月第一土曜日、9時から一時間程度。

Zoomミーティングに参加する

https://us04web.zoom.us/j/75102007985?pwd=a3cwZ0NhVEdlUWlOaEtVdllMUjBzUT09

ミーティングID: 751 0200 7985

パスコード: nwE6DX

102日は「PLT日本の1992年からの30年をふりかえる」そうなんです! 来年、2022年は、PLT日本の30周年なのです!

116日は「水の循環」。地理教育の実践をドイツ、トルコ、などの事例も含めて、報告していただきます。



# by pltjapan | 2021-09-21 13:21 | ニュース

ERICメールマガジンでのアクティビティ紹介

ERICメールマガジンの「PLT日本事務局ニュース」「ツリーニュース」では、2012年10月から、PLTのアクティビティを紹介しています。

いままで紹介したアクティビティ紹介の一覧をまとめました
(年月日はERICメールマガジン発行年月日)。
なお、メールマガジン掲載時の連番が重複していましたので、こちらでは修整したものを紹介します。

(1)「#20 環境交流箱」2012/10/08
(2)「#2 木に触れよう」2012/10/22
(3)「リスクで考えるワークショップ・プログラム」(金澤伸浩さん;『リスクに焦点』ほか)2012/11/11
(4)「#5 緑の空間」(『わたしたちの住む場所』)2013/11/26
(5)「#24 自然のリサイクル屋」2012/12/16
(6)「#5 緑の空間」アレンジ「衛星画像で町のみどりの割合をしらべよう」
(梅村松秀さん;『わたしたちの住む場所』)2013/01/06
(7)「#6 冬の常緑樹」(『幼児期からの環境体験』)2013/01/20
(8)「#45 生命のつながり」2013/02/03
(9)「#7 つぼみが開く」(『幼児期からの環境体験』)2013/02/24
(10)「#26 力強 いデュオ」2013/03/10
(11)「#13 わたしたちみんなに木が必要」2013/03/31
(12)「#91 古き良き時代に(その1)」2013/04/14
(13)「#9 わくわくする多様性に満ちた惑星」2013/05/06
(14)「#77 困っている木」2013/06/09
(15)「#92 ライフスタイルを見直そう」2013/0623
(16)「#18 太陽の物語」20130714
(17)「#14 再生可能か不可能か」2013/07/29
(18)「#25 鳥と虫」2013/08/18
(19)「#15 わたしのお気に入り」2013/09/01
(20)「#30 木に三回乾杯しよう」2013/09/29
(21)「#56 わたしたちで土地利用を計画しよう」 2013/10/27
(22)「#8 シュルー氏(トガリネズミS.T)の森」アレンジ「トガチュウの森」(佐藤敬一さん)2013/11/10
(23)「#84 地球気候変動」2013/12/01
(24)「#12 侵入種」2013/12/15
(25)「#40 昔と今」2014/01/05
(26)「#5 緑の空間」」(『わたしたちの住む場所』)【再録】2014/01/20
(27)「#62 木であること」2014/02/09
(28)「#5 緑の空間」」(『わたしたちの住む場所』)(その3)2014/02/24
(29)「#31 木を植える」2014/03/16
(30)「#16 木をどうぞ召し上がれ」2014/03/30
(31)「#21 里木」2014/04/20
(32)「#47 空き地は空っぽ?」2014/05/04
(33)「#73 ツリークッキー 年輪」2014/05/25
(34)「#22 生息地としての木」2014/06/08
(35)「#4 まわりの音」2014/06/29
(36)「#46 校庭サファリ探検」2014/07/29
(37)「#75 ティーピーで語り合う」2014/08/03
(38)「#5 詩人の木」2014/08/18
(39)「#3 ペパーミント・ビートル」2014/09/07
(40)「#42 太陽の光と木々の緑」2014/09/21
(41)「#1 ものの形」2014/10/05
(42)「#44 水の不思議」2014/10/27
(43)「#48 野原、森、小川」2014/11/30
(44)「#54 わたしがたずねたい場所」2014/12/14
(45)「#36 汚染を探せ」2015/01/05
(46)「#82 資源は廻る」2015/03/01
(47)「#37 リデュース・リユース・リサイクル」2015/03/15
(48)「#83 包装に注目!」2015/04/05
(49)「#54 わたしがたずねたい場所」2015/04/19
(50)「#70 土物語」2015/05/10
(51)「#39 エネルギー探偵」2015/05/24
(52)「#69 木があって森がある」2015/06/14
(53)「#43 種の冒険」2015/06/28
(54)「#23 倒木」2015/07/19
(55)「#61 もっと近づいて見てごらん」 2015/08/02
(56)「#51 紙すきに挑戦」2015/08/16
(57)「#41 植物の育ち方」2015/08/30 
(58)「#78 秋のしらせ」2015/09/13
(59)「#10 適応の多様性を表にする」2015/10/06
(60)「#5 秋のしらせ」(『PLT 幼児期からの環境体験』)2015/10/18
(61)「#71 湿地でウオッチ」2015/11/01
(62)「#9  木であること」(『PLT 幼児期からの環境体験』)2015/11/22
(63)「#72 わたしたちが吸っている空気」2015/12/06
(64)「#10 生息地としての木」(『PLT 幼児期からの環境体験』)2015/12/27
(65)「#65 つぼみが開く」2016/01/10
(66)「#11 木に三回乾杯しよう」(『PLT 幼児期からの環境体験』)2016/01/31
(67)「#52 アルミニウムのリサイクル」2016/02/14
(68)「「#2 まわりの音」(『PLT 幼児期からの環境体験』)2016/03/06
(69)PLT GreenSchools!「学校立地調査」とは 2016/03/20
(70)「#3 木に触れよう」(『PLT 幼児期からの環境体験』)2016/04/10
(71)PLT GreenSchools!「学校立地調査」とは(2) 2016/04/25
(72)「#1 ものの形」(幼児期バージョン)2016/05/15
(73)PLT GreenSchools!「学校立地調査」とは(3)2016/05/29
(74)「#4 わたしたちみんなに木が必要」(幼児期バージョン)2016/06/22
(73)PLT GreenSchools!「学校立地調査」とは(4)2016/07/03
(76)「#8 里木」(幼児期バージョン)2016/07/24
(77)「#49 熱帯の木の家」2016/08/07
(78)「#38 一滴一滴が大切だ」2016/08/30
(79)「#79 木のライフサイクル」2016/09/11
(80)「#29 雨のせいだよ」2016/10/04
(81)「#55 理想のコミュニティを考える」 2016/10/16
(82)「#28 空気と水」2016/11/06
(83)「#74 人々、場所、モノ」2016/11/20
(84)「#94 バビロンの川のほとりで」2016/12/14
(85)「#95 気づいてました?」2016/12/27
(86)「#93 紙の文明」2017/01/15
(87)「#96 あなたの場所をよくしよう」2017/01/29
(88)「#95 気づいてました?」2017/02/28
(89)「#6 未来へのビジョン(セカンダリーモジュール「私たちの住む場所」)」2017/03/06
(90)「水にかかわるアクティビティのまとめ」2017/03/26
(91)「#91 誰がこの森林で働いている?」2017/04/09
(92)自己紹介に使えるアクティビティ(1)「おしゃべりラベル」2017/04/30
(93)セカンダリーモジュール『南東部の森林と気候変動』から「ライフサイクルアセスメント」2017/05/14
(94)自己紹介に使えるアクティビティ(2)「#13 わたしたちみんな木が必要」2017/06/04
(95)「#45 生命のつながり」および米国PLT資料ページの関連アクティビティ2017/06/18
(96)「#64 葉っぱの観察」2017/07/23
(97)「#68 あの木の名前」2017/08/13
(98)「#19 価値観のラインアップ」2017/08/27
(99)「#87 地球に生きるマナー」2017/09/17
(100)「#22 生息地としての木」2017/10/01
(101)「#58 法律が必要だ」2017/10/22
(102)「#23 倒木」2017/11/05
(103)「#59 ペンの力」2017/11/26
(104)「#53 動きのパワー」2-17/12/10
(105)「#60 報道しようよ!」2017/12/31
(106)「#6 思い描いてみよう!」2018/01/14
(107)「#7 意思決定」(『リスクに焦点』)2018/02/04
(108)「#86 わたしたちの変化する世界」2018/02/18
(109)「#27 民主主義を行動で」2018/03/25
(110)「#2 木に触れよう」(家族で楽しめる活動)2018/04/29
(111)「#33 森林のできごとの因果関係」2018/05/20
(112)「#31 木を植える」2018/06/03
(113)「#17 森の人々」2018/06/29
(114)「#63 木は工場」2018/07/08
(115)「#7 生息地のペンパル」2018/08/12
(116)(116)「# 74 人々、場所、モノ」2018/09/16
(117)「#48 野原、森、小川」2018/10/23
(118)「♯32 森林の多様な利」2018/11/25
(119)「# 35 愛しの国立公園」2020/02/03
(120)「#14  再生可能か不可能か」2020/03/10
(121)「#27 それぞれの木に必要なもの」2020/04/16
(122)「#26 力強いデュオ」2019/05/19
(123)「#25「鳥と虫」2019/06/22
(124)「#41 植物の育ち方」2019/07/29
(125)「#77 困っている木」2019/09/01
(126)「#73 ムダをなくそう」2019/10/06
(127)「#11 これって本当?」2019/11/10
(128)「# 20  環境交流箱」2019/12/15
(129)「ダイナミックシステムダンス」(PLTセカンダリーモジュール)2020/01/18
(130)「#81 野火がはじまり」2020/02/09
(131)「#84 地球気候変動」2020/02/23
(132)「#65 つぼみが開く」2020/03/29
(133)「#21 里木」2020/04/19
(134)「#46 校庭サファリ探検」2020/05/03
(135)「#47 空き地は空っぽ?」2020/05/24
(136)「#44 水の不思議」2020/06/07
(137)「#24 自然の中のリサイクル屋」2020/07/12
(138)「#62 木であること」2020/08/16
(139)「#67 あなたの木の大きさは?」2020/09/06
(140)「#4 まわりの音」2020/09/20
(141)「#68 あの木の名前」2020/10/11
(142)「#3 ペパーミント・ビートル」2020/10/25
(143)「#66 大きく育つ種」2020/11/15











# by pltjapan | 2020-11-15 10:30 | アクティビティ体験

野外で楽しめるアクティビティ集

『野外活動20:子どもたちに豊かな自然体験と確かな教育を』

PLTの指導者養成用のテキストは、指導者養成講習会参加者にのみに提供しています。しかし、分冊化して一般提供しているものもあり、PLTのアクティビティは講習会に参加できなくても楽しむことができます!
今回はその中から、野外で実施するものを選りすぐって編集した『野外活動20』(A4判68ページ、2007年、1,000円、注文番号 Od-10)を紹介します。

どんなアクティビティなのか、タイトルからある程度想像できますので、文末に目次を紹介します(アクティビティの後にある数字は指導者用テキスト収録のアクティビティ番号)。

基本的に1回単発で行えるものですが(時間としては、準備を除けば30分から半日使うものまでさまざまです)、このうち#31、#65、#77は数回の時間を使うアクティビティです。

四季を通じて使える「里木」、五感を育む“多様性”のアクティビティ、季節限定で楽しめる「秋の知らせ」、雨の日プログラムとして室内でも使える「詩人の木」「木に三回乾杯しよう」「木は工場」「葉っぱの観察」などなど。本テキストに収録されているアクティビティは、「木」に焦点を当てるものが多く、各地の指導者養成講習会で頻繁に採用されているものが多いです。

いまの時期におすすめは「つぼみが開く」。春はいろいろ花が咲く時期なので、ダンスやロールプレイ、ものづくりワークショップなど、いろいろアレンジできますよ! クラス、サークル、家庭、地域でぜひ楽しんでください(とくに一斉休校になってしまった地域で楽しんでもらえるとうれしい!)。

お申込みは以下からどうぞ。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSccokczV-wDFnZzKjqXyNpnt_9aPKR3BkJT5fHI0iuWnkyCng/viewform


■目次
【多様性】
1 Activity 01 ものの形
2 Activity 02 木に触れよう
3 Activity 03 ペパーミント・ビートル
4 Activity 04 まわりの音
5 Activity 05 詩人の木
【相互依存】
6 Activity 21 里木
7 Activity 23 倒木
8 Activity 25 鳥と虫
9 Activity 30 木に3回乾杯しよう
10 Activity 31 木を植える
【システム】
11  Activity 42 太陽と光と木々の緑
12  Activity 43 種の冒険
【構造とスケール】
13  Activity 61 もっと近づいて見てごらん
14  Activity 63 木は工場
15  Activity 64 葉っぱの観察
16  Activity 65 つぼみが開く
17  Activity 67 あなたの木の大きさは?
18  Activity 68 あの木の名前
【変化のパターン】
19  Activity 77 困っている木
20  Activity 78 秋の知らせ

(出典)PLT『木と学ぼう』日本事務局ニュース 20200315、国際理解教育センター


# by pltjapan | 2020-03-15 19:27