人気ブログランキング |

ダイナミックシステムダンス

ダイナミックシステムダンス
(SYSTEMS ENRICHMENT EXERCISE)
(出典)PLTセカンダリーモジュールSoutheastern Forests and Climate Changes所収のシミュレーション演習


〈リード文〉
このアクティビティでは、1つまたは2つの変数の変化がシステム全体にどのように波及するかを学習します。

【目標(Objectives)】
このアクティビティを終えた後、
* 複雑なシステムにおける相互関係(interrelatedness)の概念を叙述する(describe)ことができます。
* 状態の変化を組織する(organize)システムについて説明する(explain)ことができます。
* 森林がどのように相互に関連しているかを説明することができます。
* 生態系は、変化によって特徴づけられながらも、複合的な安定状態にあることを説明できます。

【使用するもの(Materials)】
なし

【アクティビティをする(Doing the Exercise)】
1. 生徒に、サークル内の他のすべての人を見ることができるように、空いた場所にサークル状に立つように指示します。

2. サークル内の他の2人を選ぶよう指示します。 これは個人的、ひそかになされるべきであり、生徒は、自分が選んだ人を誰かに知らせてはいけません。これらは彼らの「つながり」です。

3. 生徒が、2人を選んだら、このサークルはあるルールを持つひとつのシステムであると説明します。 システム内の各変数(各生徒)は、彼らの二人のいずれとも常に等距離でなければなりません。 あなたが「開始」と言ったら、生徒は彼らの‘つながり’の二人から同じ距離を維持するように動かなくてはなりません。私たちは、生徒が2人を選ぶ前に、これらの指示を与えないことを勧めます。そうすると、彼らはすでに等距離にある2人を選ぶように誘惑されることはありません。

4. 最初のラウンドでは、1,2,3の手順から始めるようにしてください。生徒は、多分、どちらか一人または二人の動きにあわせる可能性が高いです。 (この間、生徒の移動方法に注意してください。いく人かの生徒がつながっていると思われる生徒を特定してください)。

5. グループの移動が止まった時、そのシステムは安定(定常)します。 場合によっては、そのシステムは安定した状態を見いだせない可能性があります。生徒は、全員が密集した、常に動くクラスターとなるかもしれません。 これが起こった場合、等距離にあるということは、彼ら二人のつながりの間に常に等距離の関係でなければならないということを思い起こさせます。 以下の例を参照してください。

彼らの2つのつながりに焦点を当てながら、生徒は両者から等距離になるように動く。 グループが最終的に移動を停止すると、システムは安定したポイントに達しています。
このアクティビティは、Linda Booth SweeneyとDennis Meadowsの「Thinking Playing book」の "Triangles"アクティビティに記載されている同様のプロセスに基づいています。

等距離にあるということは、常に彼らが2つの関係の間にいなければならないという意味ではないことを生徒に忘れないでください。

6. 数分後、生徒は誰も移動する必要のないところに到達できるはずです。 誰もが彼または彼女の2つの選択されたつながりから等距離になります。この状態になったら、周りを見回すように伝えます。

彼らの位置は、このシステムが一定の条件やルールにどのように反応するかを表しています。森林もまた、多くの変数(樹木、植物、動物、温度、水、日光などの物理的要因)で構成されるシステムです。 森林内の各変数は実際には変動しなくても、各変数の値は互いに関連して常に変化する(例えば、植物の数、水分の量)。

7. 1人の生徒を選びます(できれば多くの人とつながっているような、でも生徒を動かすと同様の結果が出るでしょう)。 残りの生徒を調整することなく、その生徒を移動させます。 次に、その生徒につながっている人だけ必要な調整をして、選ばれた二人のつながりから等距離になると、システムがどのように変化するか観察するように学生に頼みます。次に、残りの生徒にそれに応じて移動するよう頼みます。 ほとんどの場合、大部分の生徒は、システム全体の波に乗った単一の変化が波及していくにつれて、自分の立場を再調整する必要があります。

8. 最終的に、生徒は誰もが移動しなくていい、自分の二人のつながりから等距離にある構成を再度見つける必要があります。 彼らがこの点に達したら、再び見回すように生徒に頼んでください。 これは、以前に見つかった安定地点とどのように相容れないでしょうか? それは大きく異なる可能性があります。

9. 必要に応じて、これらの手順を繰り返すことができます。 その後、生徒に座席に戻り、次のような討論の質問をして、生徒がシステムを理解するのを助けてください。

・このアクティビティは、複雑なシステムの定義にどのように関係していますか?
ひとつのシステムは、互いに、そしてその環境に関連してふるまいする変数のセットです。 複雑なシステムの場合、変数は、そのシステムのふるまいを正確に予測することを不可能とする相互関係のウェブによってリンクされます。 これはまさに生徒がこのアクティビティで成し遂げたことです。

・このアクティビティでは、複雑なシステムにおける相互関係の概念をどのように実証していると思いますか?
すべてがつながっていますが…、直接のつながりはありません。 複雑なシステムは、わずかな変更でさえも、システム全体に大きな影響を及ぼす可能性があります。 それぞれの生徒は、2人の生徒とだけつながっていたことに注意してください。 しかし、間接的なつながりによってグループ全体が動いていました。

・このアクティビティ中、誰があるいは何がひとりひとりの運動を指示したのでしょう?
自己組織化。複雑なシステムのふるまいは、外部の変更の影響を受ける可能性があります。しかし、複雑なシステムのふるまいの多くは、システム内の内部接続の結果です。 このアクティビティの場合、誰もシステム内のすべてを制御していませんでした。非常に単純な接続によって、私たちが観察した複雑な動きが生じました。

・科学者が複雑なシステムは動的であるというのは何を意味するのか?
このアクティビティを例として、生徒に一人ひとりがシステム内の変数であることを伝えます。 生徒の位置の変化は、その変数の変化を表していました。
樹木やリスの変数は、数の変化です。水や温度などの変数は量が変化します。 これから生徒が複雑なシステムを考えるとき、システムの他の部分に呼応して、常に定位置での小さな調整をしている‘クラス全体のイメージ’は、システムを動的なものと考えるのに役立ちます。動的システムは、相互作用、フィードバック、および遅延を示し、1つの変更が他の変数にどのように影響するかをモデル化または予測することは困難です。
このデモンストレーションには単純なルールがあったが、それは非常に複雑でダイナミックな方法で演じられた!

・システムに安定点がありましたか?
システムには実際にいくつかの安定点があります。 生態学者は、これらの「複数の安定した状態」と呼ぶ。 アクティビティでは、生徒の移動が停止したポイントがシステムの安定点を表していました。 生徒と同様に、誰もが自分のつながりから等距離にあった複数の位置の組み合わせを見つけると、システムはさまざまな構成と条件で安定します。
森林管理において、目標は、森林システムを望ましい安定した状態(例えば、健康で持続可能なシステム)に維持することである。 しかし、極端な干ばつや病気など、森林へのさまざまなストレスにより、システムは最終的には畑などの異なる安定した状態に移行する可能性があります。

・生徒のシステム(=アクティビティ)はどのように森林システムに類似していますか?
他の複雑なシステムと同様、ある森林システムには多くの異なる相互関係があります。 生徒は、この活動中に森林におけるさまざまな種や様々な種の健康状態を示すものとイメージして、自分たちの動きを視覚化することができます。 1人の生徒(1つの種の数または健康)の位置を変更すると、システム全体に波及する効果が生じる可能性があります。

彼らはまた、各生徒がシステム内の変化する変数(降水量、地上被覆、温度、大気の二酸化炭素レベル)を表す、より抽象的に活動を構想することもできる。 相互関係の同じ概念が適用されます。それぞれの変数は他のすべての変数に直接接続されていない場合がありますが、間接接続はシステム全体に及ぶ可能性があります。

実際に生徒に種を割り当てることはお勧めしません。 このアクティビティの焦点は、一般的なシステムの動的な動きと相互関係です。 モジュールの後半で(アクティビティ5)、システム内の変数間の特定の関係を詳しく見ていきます。



by pltjapan | 2020-01-28 08:40 | アクティビティ体験 | Comments(0)


<< 「森林で働く」を考えるプログラム 指導者養成研修情報 2020/... >>